塗装

雨漏りの応急処置ならお任せ!住宅トラブルはプロにSOS

オープン外構が広まる中

低価格傾向にある外構工事

女性

新築住宅を建築する際の外構工事にかける費用は、近年減少傾向にあります。その理由の主なものとしては、簡素な外構が好まれるようになったことが挙げられます。そもそも、外構工事は、住宅をよりよく見せようとする外観を重視したものでした。そのため、住宅建築の費用の中で、少なくない額が必要になっていました。近年では、外観を重視するよりも、むしろ機能性が重視されるようになったため、外構工事も簡素なものが増えてきたのです。例えば、ブロック積みをみても、単純な普通のブロックを積んだ場合と、模様の入った化粧ブロックを積んだ場合とでは、費用が大きく異なってきます。そのため、目に見える部分だけ化粧ブロックを用いるなどの工夫で、費用を抑えるようになりました。

個性的な玄関周り

そうはいっても、必要最低限の外構工事は必要不可欠です。最近では、オープン外構に人気がありますが、だからこそ、低コストで外構工事がおこなわれるようになりました。オープン外構と言っても、駐車場やフェンス、玄関周りは最低限必要です。最近では、住宅を建築した後に、リフォームや自分でエクステリアをつくっていくことも少なくありませんが、ほとんどの場合、最低限の外構工事は行います。駐車場やフェンスに関しては、ほとんどこだわることはありませんが、その分だけ、玄関周りは、個性豊かな外構工事が行われています。家主の意向を発揮できる部分が限られていますので、その分だけ、玄関周りには家主のこだわりを発揮することができるからです。